きゃんのブログ * 止まない雨はない!!

胃がん発覚から再発リンパ節転移闘病日記

こんな病気になると… ☆ 止まない雨はない!!

私の母も29年前に卵巣がんで3年の闘病のち亡くなりました。

まだ47?位だったと思います。

苦しんで苦しんで若くしてこの世を旅立ちました。


私は早くに主人と一緒になってたのでそばで母をみていたわけじゃないのですが、病院に行った時に洗面器をかかえ大変苦しんでるのが記憶にあります。

大変な治療も助かるならどんなに苦しくても頑張れると思います。

でも、助かることはないのにわずかな延命の為だけなら…といまは考えさせられます。


母親は我慢強くけっしてわがままをいうような女性ではありませんでした。

ただ一度、父が作ったおかずをますいから食べらへん!といったそうです。

せっかく父が作った物をなんてこというんだとビックリしたと妹が言ってました。

でも、父は何を言われようがずっと食事を作り病院に届けてました。

母親がわがままやひどいことを言っても、あれは病気が言わしてるんだと言ってました。

ほんとに父は優しい人です。

母親は私はお父さんと結婚できてほんと幸せだったと言って亡くなりました。


私はそんな父をみて大きくなりました。

いつもどんな時も私達家族を守り優しい人。

母親も優しい人でした。

どうして両親はこんな優しかったのに、私は病気になりとてもわがままになりました。

父が昔、母親の1回だけいった言葉を病気が言わしてるんだ、、をよく思い出しますが、私は1回どころか何回も何回も主人にわがままを言ったりひどい言葉を言ったりしてしまいました。

主人は私の父に比べると男としてできてないのか?

私のいうことを上手にこなせなくてしまいにケンカになることもあります。



こんな病気にならなければしなくていいケンカをした時に、癌になったことも最高に悲しいけどケンカをしてる私達が嫌だなぁ~と感じたことがありました。



いつも読んで頂きありがとうございます😊


水族館の写真とか見てると癒されますね~。

近いうちにまた行こうかな?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。